港まちを舞台にしたアートと音楽のフェスティバル「アッセンブリッジ・ナゴヤ」。2016年、アーティストユニット・L PACK.によって空き家が改修され、まちの社交場《NUCO》がオープンしました。
現在は、フェスティバルの会期外もL PACK.と有志で集まったメンバーを中心にカフェを運営しつつ、さまざまなサークル活動やイベントも展開しています。(引用:Minatomachi Art Table, Nagoya)
-----------------------------------------
私はNUCOメンバーとして、月に数回カウンターでコーヒーを淹れています。
港まちで暮らす人や、アーティスト、学生など…NUCOは、そこに集う人々と会話を楽しみながら、さまざまなカルチャー・社会を学んだり、作ったりできる面白い場所です。

まちの人も温かく、都会にはないゆったりとした雰囲気漂う港まちですが、住民の高齢化や若者のプレイヤー不足により地域交流が減っているという問題も抱えています。
そんななか、新たな人の流れを作り出す社交場《NUCO》のメンバーとして、「私にできることで、まちの人や同世代の人と楽しい時間を過ごしたい」という想いから、2020年より手作りの " Citrus Lemon Cake " を販売。(LIVERARY 掲載記事)
「おやつを楽しむ時間ができて嬉しい」「近所の人に配り歩いてるよ〜」と話してくださるお客さんも。
2021年、いつもより少し早起きをして港を楽しんでもらうためのモーニングイベントを開催。
複数のNUCOメンバーで考え作ったモーニングメニューや、お気に入り港スポットを新聞にしてプレゼントしました。
現在は、毎月第2土曜日に開催しており、モーニングを楽しみに港へ訪れる人々も増えています。
このように、年々入れ替わるNUCOメンバーとともに、港まちの新しい楽しみ方を考えカタチにしています。
Back to Top